2017
04/18

COMMENTS:

お肌の悩みにあわせた効果を持つオールインワンジェルの選び方

乾燥肌の人におすすめのオールインワンジェルの特徴

乾燥肌の人にはうるおいと保水力に優れたオールインワンジェルがおすすめです。保水力に優れた成分はアミノ酸やコラーゲン、尿素、ヒアルロン酸、エラスチンなどです。その他にも精製方法や浸透技術などによってうるおいに違いが出てきます。メーカーの公式サイトや商品の成分表記を良く確認しておくとその商品がどのような目的なのかを把握することができます。

お肌のたるみにおすすめのオールインワンジェルの特徴

お肌のたるみの原因は加齢や乾燥、紫外線、コラーゲンの減少です。とくに加齢の場合はコラーゲンなどが含まれているオールインワンジェルがおすすめです。ハリを出すためにリフト効果のある成分を配合している商品はお値段が少し高めですが多くの人に支持されています。
ハリを出すために使用されている成分はビタミンC誘導体やレチノール、コラーゲンです。これらの成分はハリを増加させる効果もありますが角層にあるコラーゲンを増加促進させる効果もあります。

シミやソバカスが気になる人におすすめのオールインワンジェルの特徴

シミやそばかすの原因は紫外線対策が足りない場合やストレスなどによってもシミは増加します。シミができるメカニズムは紫外線が皮膚にあるメラノサイトを刺激することでメラニンを作ります。
紫外線対策としてはUVケアが一般的です。日焼け止めや帽子、サングラス、長手袋などで保護してあげることである程度メラニンの発生を防ぐことができます。
オールインワンジェルでシミ対策として使用される成分はビタミンC誘導体やビタミンE誘導体、プラセンタエキスなどですがシミを薄くする効果などは医薬部外品が多く一般のオールインワンジェルに期待できる効果はUV対策として日焼け止めが配合されている場合が多いです。

敏感肌の人におすすめのオールインワンジェルの特徴

敏感肌の人はお肌のバリア機能が低下しているのでうるおいを保つことが大切です。オールインワンジェルでは保湿の向上と保水力の持続力アップが対策として取られています。敏感肌用の人のオールインワンジェルの特徴として刺激のある成分はほとんど使用されていません。添加剤や着色料、保存料、合成界面活性剤、鉱物油は敏感肌の人にとっては非常に刺激が強すぎるために使われていません。
これらの刺激のある成分を使用していないために保存期間が短いのがネックですが安心して使用できる点ではメリットが大きいです。

関連 50代におすすめのオールインワンジェル3選